2009年04月23日

熱帯魚 水草

ご存知のように、熱帯魚とは屋内で飼育する観賞魚のこと。
そして、水槽で観賞魚や水草を楽しむ趣味のことを 「アクアリウム」といいます


現在では、多くの方々が趣味をして屋内で飼育しています。
マンションなどが多い現代社会。そんな中でも、おうちに水槽ひとつあるだけで、気持ちが安らぎ、癒される。。。こんな社会だからこそ、「アクアリウム」が人気となっているわけですね!

----------------

◆アクアリウム 基礎知識◆

アクアリウムは、2種類に大別されます
淡水水槽(真水):淡水魚(川魚、エビ、その他)、水草
海水水槽(海水):海水魚(海水魚、その他)、サンゴ

「グッピーを飼いたい方」は淡水水槽
「ニモを飼いたい方」は海水水槽
となります(^_^)

軽い気持ちで考えがちですが、しかし、これらは「まったく違うもの」だと思ってください。
なぜなら、飼育のノウハウから、必要な設備、スペースも違うんです。

◆◇◆◇◆◇◆◇
初心者の方には、「淡水水槽」がおすすめです☆
◆◇◆◇◆◇◆◇
なぜかというと、
・かんたんに始められる
・費用も安くすむ (海水とくらべて)
・場所もとらない
といったことが理由です。




・・次は、熱帯魚と水草。きっても切り離せない関係ですが水草とはどんなものなのでしょうか・・

◆熱帯魚 水草 〜水草に必要な3要素
買ってきた水草をついに水槽に植えるわけですが、まず、水草を成長させるためには、以下の3つの要素を人工的に補ってあげなくてはいけません。
----------------
@光・・・植物が光合成をする上で必要不可欠
A二酸化炭素・・・植物が光合成をする上で必要不可欠
B養分・・・完全に密閉された空間では、NPKの必須栄養素を供給しなければならない
----------------

◆熱帯魚 水草 〜水草の種類
すごくたくさん種類があります。
美しいもの、大きくて見栄えするもの、長持ちするもの、丈夫なもの などなど。
初心者は比較的簡単で育てやすいものから始めるとよいですね!


◆熱帯魚 水草 〜水草を増やす
何もしなくても育ってくれるものもありますが、やはり丈夫な水草にしようと思うなら、肥料やCo2の添加が不可欠。
一般に自然界では、地面の土から必要な栄養を吸収することができますが、水槽内の外界と完全に閉ざされた空間では、栄養分がまったくない状態になり、水草は成長できません。
ですから、微量元素を添加し、水草の根や葉から吸収させるとよいのですね。


◆熱帯魚 水草 〜水草を枯らさないためには?
水草にはCO2と肥料が大切。しかし、水草の数が少ない水槽でCO2・肥料を入れすぎると、魚の酸素不足・大量の苔発生という事態を招いてしまいます。
そうならないためには・・・
雑誌・ショップの水槽に惑わされないようにしましょう。
たくさんの水草を植えるのは、しばらくしてからにしましょう。


雑誌やショップの水槽には、多種多様な水草が植えられています。
それはその方が見栄えがいいから。


いづれあんな素敵に、熱帯魚と水草をレイアウトできるようになるのですから、しばらくは
現状を楽しみましょう♪(^^)v









posted by yamamai at 12:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。